大容量データの保守管理

定期的にフルコピーする

HDD

パソコンなどのデータ保存領域が大容量化すると、多くのデータを保存しておいたり、大きなデータを取り扱えるようになって、普段の使用において、とても便利です。 しかし、hddなどのは一つの機械ですから、故障などが起きると、そのhdd内のデータ全部に支障が生じることになります。そこで、定期的にフルコピーをとっておくことが大切です。 一方で、大容量のデータをコピーするには、時間がかかりますし、コピーの作業をしている間の安定性も必要になります。 そこで、大容量の、外付けhddを用意することが有効です。これならコピーの際のアクセスの速さと安定性はある程度保証されているので、データの欠損や破壊などの心配をあまりしないで済むからです。

外付けhddの入手に

しかし、内臓hddに匹敵するほどの保存容量を持つ外付けのものを、自ら購入して保管しておくことは勿体無い話です。 それほど使用頻度は高くありませんし、その間に、新しいモデルが登場して、あまり快適ではなくなることも考えられるからです。 そこで検討したいのが、pc機器のレンタルサービスです。pc関連商品の価格自体が低価格化したことから、以前のよりもレンタル業者は減少しましたが、それでもネットなどで探すと、意外と身近の地域に発見できるものです。 そのような業者で、必要な容量の機器を選択し、リースなりレンタル契約を締結すればよいのです。このような契約では、新機種などが登場した際にも、経済的に、利用機種の変更をすることができるのです。