導入で様々なメリット

運転効率の向上

スマホ

運送業等でデジタコを導入する企業が増加しています。デジタコでは、運転日報を容易で入力する機能があります。ドライバーが外出先からも、日報を登録する事が可能です。最近のデジタコ製品は、スマートフォン、タブレットにも対応している製品もあります。ドライバーは、外出先からスマートフォンで日報を登録して、事務所ではリアルタイムに運転状況を確認する事ができます。これは、デジタコ製品がクラウド対応しているため、実現できる機能です。例えば、事務所は、帰路に荷物の集荷の案件があった場合、スマートフォンでドライバに指示をし、ドライバーが集荷するという対応に可能になります。デジタコのリアルタイム機能によって、ドライバーの運転効率が格段に向上されます。

危険行動の蓄積、分析

デジタコには、ドライバーの危険行動を収集して、分析する機能があります。例えば、急発進、急ブレーキが多いドライバーがいた場合、そのドライバーの運転履歴を蓄積できます。そして、分析結果を元に、ドライバーに指導する事が可能です。この危険行動の収集、分析機能により、燃費効率が改善される事が効果の一つとして挙げられます。燃費効率の改善によって、50人程度のドライバーを抱えている会社では、月間100万円程度の燃費費用の削減に繋がります。また、危険行動が減る事によって、社会からの評価も高まる事が期待できます。ドライバーが法定速度を守り、安全運転を心がけると、社会から印象も良くないり、会社のイメージアップに繋がるという効果も期待できます。